.

ローンの利子がどこもよく似ているのは知っている事ともいえますが、利息制限法と呼ぶ規則により上限枠の金利が義務付けられているので似たような利息になるのです。

銀行系などは利息制限法の規定の上限範囲内で設定しているので、似た中でも差が出るローンサービスを提供しています。

その利息制限法とはどのようなものなのか見ていきましょう。

まず上限範囲内の利息ですが、10万円未満のローンには年間20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円以上は年率15%までと定められていて、その上限を超過する利率分は無効となるのです。

無効とは払う必要がないといったことです。

にも関わらず以前は年率25%以上の金利で取り決めする貸金業が大部分でした。

その訳は利息制限法に背いても罰則規定が無かったためです。

さらに出資法による上限範囲の年間29.2%の利率が許されていて、その規則を盾に改められることは無かったです。

これらの利息制限法と出資法の間の金利の差の範囲が「グレーゾーン」と呼ばれるものです。

出資法には罰則が有ります。

この法の上限利息枠は守られていたようですが、出資法を用いる為には「お金の借入れ者が自主的にお金を支払った」という大前提です。

今日、盛んにされている必要以上の支払いを請求されるものはこのグレーゾーンの利率分を必要以上の支払いとしてキャッシュバックを求める請求です。

法でも出資法の考え方が承認されることはほとんどなく、要請が承認される事が多いはずです。

今では出資法の上限枠の利息も利息制限法と一本化され、このことで消費者金融業の利子も大差がないようになるのです。

もしもその事実に気付かないまま、上限の利息を超える契約をしてしまったとしても、それらの契約自身がないものとなるので、上限利息以上の利率を払う必要はないようです。

それでも繰り返し返金を求めるようなら司法書士か弁護士に相談するべきです。

相談することでキャッシュバックを求めるとこはなくなるでしょう。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.hikingtrekking.net All Rights Reserved.